RSS|archives|admin
アコースティックデュオ Swan'fee(スワンフィー)】 【スワンフィーの雑貨屋さん

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

100均のガラス絵の具 その2

2013.09.08 Sun
~100均のガラス絵の具 【その二】~


さて、前回の続きです。

前回のエントリーはこちら→ ~100均のガラス絵の具 【その一】~


前回はガラス絵の具の黒でアウトラインを書いたところまででした。
IMG_2690.jpg
わかりにくいけどクリアファイルにこの段階ではまだ色つけてないです。
色がついてるように見えますが、それは間に挟んだ下書きの色です。


ここでこのアウトラインをじっくり乾かします。
ガラス絵の具の説明書には1時間以上は乾かして、とありました。

だけどせっかちな私はたった30分で次の工程へ。


いよいよ色付けです!!

ちなみに今回使用しているガラス絵の具はダイソーの一本ずつ売ってるやつです。
一本100円。全部で500円。

IMG_2703.jpg
(でもホントは使わなかった色もあるから全部で600円。)

容器の形状が良いので、黒のアウトラインはこの容器のままスイーッといきました。
青だけ同じ種類がなかったので違う形。

ちなみにこの絵具、説明書を読むと最終的にはインクを剥がしてガラスに貼るシールを作るものらしいけど今回はシールにはせずそのまま絵の具として使ってます。

でもたまに中身が固まって出づらい時があるのですが、無理に押し出そうとすると蓋が外れて中身が一気に飛び出しす大惨事になります。
私は一回なりました。部屋着が緑まみれになりました…。
みなさんも気をつけて下さい。




さて、話がそれましたがいよいよ色付け。

下書きの色を参考に、時には変えたりもしながら自由に着色。
IMG_2691.jpg
(大惨事の名残が左下に…w)

細かいところは爪楊枝を使ってインクを寄せていくように着色しました。
IMG_2693-001.jpg




でで~ん!!
色つけ完了!結構いい感じです。
まだ乾いてないとこもあるからムラに見えるけど、徐々に乾いていい感じの透明感になりました。
IMG_2692.jpg



この段階ではまだクリアファイルに絵を書いてる状態なので、小窓の大きさにカット!
わかるかな~、わかりにくいかな~
IMG_2693.jpg


さて、ここからの工程は写真を撮り忘れたので一気に行きますよ。



工作用の細い木を使って(もちろん100均で購入)枠を作ります。
縦横それぞれの長さにカット、端は45度の斜めにカットし、ボンドで貼りあわせて枠組みを作り、ニスで良い感じに塗装します。(雑な説明)

で、両面テープでさっき作ったクリアシートと合体!!


IMG_2695.jpg

一気に雰囲気が出ました!!
わーい!!


ステンドグラス風のシート本体はこれで完成!!
後はトイレの小窓、

IMG_2696.jpg

ここに設置するだけです。








え~ぃ!!(*´∀`)丿☆彡きらきらり~ん


IMG_2697.jpg

できたー!!
えいかんじやないか~ぃ!!

裏側から見るとトイレの明かりで模様が薄ぼんやり…
IMG_2699.jpg

いやいやこれはどうしてなかなかかわいいやないかぃ!!
お手製だから愛情もひとしお!!

えいかんじやないか~ぃ!!

ホントはこのステンドグラスに、最後にフィルムを貼ろうかと思ってたんだけど、
(こんなかんじの↓)
glc2.jpg
もともとのガラスがすりガラスだからこのままでもいい感じです。



IMG_2697-001.jpg


さてさて、どうやって小窓に貼り付けたかといいますと、両面テープです。

もともとある小窓の枠と、新しく作ったステンドグラスもどきの枠を両面テープで貼っつけてます。
ただし!!
そのまま両面テープを小窓にくっつけちゃうとあとが残るかもしれないので、一旦マスキングテープをかまして保護した上に両面テープを貼ってます。
これやると、賃貸で原状回復するときもらくらくもとに戻せる(らしい)のです。



さてさて、見事なコストパフォーマンスを魅せつけてくれた100均のガラス絵の具でした。
こんな感じでどんどん家を可愛くしていきたいな~。

スポンサーサイト
Category:手作りのモノの話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

100均のガラス絵の具

2013.09.07 Sat
~100均のガラス絵の具 【その一】~

最近ちょくちょく100均で見かけてたガラス用の絵の具。
これを使ってなんか面白いこと出来ないかなぁと思ってました。

さて、そこで取り出しましたるは我が家のトイレ。
ドアに小窓がついてます。
IMG_2696.jpg

今思ったでしょ?


えぇ、そうです。ボロいのです。



でもこのボロい感じを何とかしたいと常日頃考えている私はこの小窓を見て思いました。
「ここにステンドグラスみたいなのがあったら可愛いんじゃないかしらん…?」
と。

ついにアイディアが浮かんだので私はさっそくガラス絵の具を使って実践してみることにしました!


おっと!!
もちろん我が家は賃貸なので、小窓に直接絵を書くなんてことは出来ませんよ。
この小窓には直接手は加えず、ステンドグラス風のハリボテを作って上に貼っつけることにします。


材料は全部100均様。


さっそく、作業にとりかかります…


最初に完成品を飾るところのサイズを測って、完成品の大きさを決め…
その大きさに合わせて厚紙の方眼用紙に図案を書きます。
図案はネットから大まかなアイディアを頂きました★

IMG_2684.jpg


多少幾何学的で複雑そうな模様も、こうやって方眼用紙を使えば超カンタンにかけるからオススメです!
方眼を目安にして直線以外はフリーハンドで書けました。
これが完成品の下書きになりますので、ここはじっくり丁寧に…

図案ができたら、アウトラインを黒ペンで太めになぞった後色鉛筆で色付け。

IMG_2686.jpg

大体こんなかんじに塗ろう、という目安です。

IMG_2687.jpg


下書きができたら、

じゃじゃん。
IMG_2704.jpg


巷のホームセンターに行けば、ガラスやそれに似たアクリル板とかも売っていますが、
値が張るので今回はこれをガラスの代わりにキャンパスとします。
如何ににコストを抑えるかも、手作りの楽しみなのです(๑╹ڡ╹๑)


使った後に写真とったので、わかりづらいかもしれませんが、硬いB4のクリアファイルです。
フニャフニャのやつじゃなくて、カードケースとかに使われるような硬いやつ。
透明度は結構高いです。


これの間にさっきの図案をはさみ、
IMG_2689.jpg
(偶然今回小窓の横幅とクリアファイルの横幅がぴったりでした!!)


ガラス絵の具の黒でまずはアウトラインを書きます。
IMG_2690.jpg
わかりにくいけどクリアファイルにこの段階ではまだ色つけてないですよ。
色がついてるように見えますが、それは間に挟んだ下書きの色です。



ここでこのアウトラインをじっくり乾かします。
ガラス絵の具の説明書には1時間以上は乾かして、とありました。


さて、長くなったので今回はここまで。
続きは次回。

いやはやどんな感じに仕上るのでしょうか、乞うご期待(*´艸`*)



Category:手作りのモノの話 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。